魅せる現場づくり基礎講座2018 第2回は現場にて実施

講座の第2回は、現場での研修でした。現場きれい、安全、魅せる演出に関わるチェックシートを用いて、参加者各自が〇✕を付けて現場をチェックしました。どのようなところが良いのか?、逆に悪いところは何なのか?、それぞれの知識や経験からチェックしてすることで、その項目のことを考えることになります。現場でチェックした後に、会議室にて講師が写真を視せながら再度ポイントを解説。そのあとに講師が付けた採点についてお伝えしました。自分の採点と講師の採点を比べてみることで、それぞれの合格基準がわかってきたと思います。

この講座で目指していくのは、このチェックリストが全て「〇」になることです。特に安全に関しては「〇」でなければなりません。このあたりをしっかりと理解していただいた上で、次回は安全に関して講習をおこないます。現場でチェックをしていただいので、それぞれのポイントが分かりやすいと思います。

 

魅せる現場づくり基礎講座2018がスタートしました

魅せる現場づくり基礎講座2018が、4/13(金)よりスタートしました。初回は「なぜ現場をきれいにするのか」ということとともに、特に安全面についてのレクチャーもありました。また、参加各社に現状の現場写真を持ってきていただき、それらについてアドバイスを受けました。協議会が推奨している現場レベルとの差を、これから埋めていく事になり、それを標準化するために「現場スタンダード」の作成までおこないます。

次回は実際の現場での研修です。チェックリストを基に各自で現場をチェックします。これにより、チェックリストに書かれている内容が理解できるとともに、どのような状態を目指しているのかも分かってくると思います。


第6回”魅せる現場づくり”基礎講座2017(最終回)

早くも最終回を迎えることとなりました。参加者のみんさんは本講習の目標である「現場スタンダード」を作成し持参されました。これまで講習会で培ってきた基本を各社の目線で制作して発表されました。日頃から熱心に業務に取組まれている皆様は、日々、進化を遂げています。

”魅せる現場づくり”の挑戦は始まったばかりです。全社員で一眼となり気持ちのこもった取り組みが出来るのも近いことでしょう。「現場きれい」は当たり前です。でも、見せかけだけではなく本物の「現場きれい」に取組む参加者皆様の姿勢は素晴らしいと思います。

是非、興味や関心がある。「現場きれい」の基本を学びたいと思ったらお気軽にお問い合わせください。

第5回”魅せる現場づくり”基礎講座2017

11月28日(火)本部セミナールームにて第五回目の基礎講座を開催しました。

みなさん、現場スタンダードづくりを目的に取り組んで来ました。本日は全員でディスカッションを行い、各社持ち合った現場スタンダード等を見ながら、新しい気付きを発見しました。また、岡本先生から的確なアドバイスもいただきました。次回、更にパワーアップした現場スタンダードの発表が楽しみです。

第5回”魅せる現場づくり”基礎講座は、11月28日(火)開催です。

時間:13:00~17:00

場所:虎ノ門

第4回”魅せる現場づくり”基礎講座2017

今回は2回目の現場研修。

都心の狭小敷地に建つ3階建て住宅の施工現場にお邪魔しました。狭小住宅では、足場の組み方、材料の置き場所、工具類の置き場所、安全管理、掲示物の掲示方法など、様々なアイデアを活かして取組まれています。遠方から来られた会員様の中には、初めてみる狭小住宅の現場に興味津々でした。

第3回”魅せる現場づくり”基礎講座2017

今回のテーマは「安全講習」。

”現場きれい”は出来ても、安全が伴っていなければ、せっかくの現場で大きな事故につながる可能性があります。

法的規制も年々、改正され、資格制度も新たに導入されています。現場では、関係者全員が安全管理を一眼となって

遵守することが必要です。

岡本先生の白熱した講習会は、参加者のみなさんに対し、現場の「安全」に対する取り組みにつき再認識をさせています。

故に、「現場きれい」と「安全」は、切っても切れない関係にあります。

これからも「現場きれい」で「安全」な現場づくりに徹しましょう。

次回は、現場研修です。

第2回”魅せる現場づくり”基礎講座2017

今回の研修会は、実際の現場にて実地研修を行いました。当日は、晴天に恵まれやや汗ばむ中で、皆さん熱心に現場チェックを行いました。チェックする箇所は同じようですが、そのレベルに違いが出ています。このレベルならOK。あのレベルならOKと、人が見るものですから誤差が出て当たり前です。しかし、今回、ご参加された皆さんは、先生のアドバイスによって、チェックレベルの差に多くの気付きを得られました。どんどんレベルが高くなっています。それ故、お施主様にも喜ばれるに違いありません。